三重県インターンシップHOME > インターンシップとは?

インターンシップとは?

 インターンシップとは、職業や仕事への関心や理解を高めるため、「生徒が事業所などの職場で働くことを通じて、職業や仕事の実際について体験したり、働く人々と接すること」です。(平成19年3月国立教育政策研究所生徒指導研究センター「職場体験・インターンシップに関する調査研究報告書」より)
 具体的には、地域の協力を得て、産業の現場(事業所、大学、行政、研究所等)で行われる就業体験のことです。正規の学校教育活動であり、将来の生き方や進路を考えるうえで、すべての高校生にとって有意義なものです。
 このように、※キャリア教育のねらいを実施できる有効かつ具体的な手立ての一つであるインターンシップについて、事業所等と学校が共通認識を持ち実践するためには、「生徒のために」「教職員にとって」「地域社会への貢献」「学校の特色化」の観点が大切です。

■生徒のために
 産業の現場で体験を行うことによって、将来の生き方や進路を考えます。
 進学する生徒にも就職する生徒にも有意義な啓発的経験です。
■教職員にとって
 事前・事後指導や実習前後、実習中の事業所等との調整などを通じて、キャリア教育の指導に係る諸能力を獲得できます。
■地域社会への貢献
 学校と地域や企業等とが連携して地域の事業所等で実施することを通じて、地域社会に貢献する若手人材の育成に繋がることが期待できます。
 学校と企業等が教育方針や経営理念を相互に理解するとともに、学校・企業等と家庭との間で地域社会への貢献に係る共通理解も図れます。
■学校の特色化
 各学校の特色や進路状況に応じて、学校教育活動への位置付け方や体験先・実習内容・成果発表等を工夫することで、学校の特色化を図れます。

※「キャリア教育のねらい」について
 児童生徒一人一人のキャリア発達を支援し、それぞれにふさわしいキャリアを形成していくために必要な意欲・態度や能力を育てる教育である。(平成16年1月キャリア教育の推進に関する総合的調査研究協力者会議報告書より)